新卒・第二新卒の採用を加速させるサービスランキング

各社の総合評価早見表

home > 新卒で就職活動をするときのポイント > 新卒の採用が行われる企業の選び方

新卒の採用が行われる企業の選び方

新卒者の採用活動が活発に行われている企業の取り組みは、ビジネス誌やテレビのニュースなどで度々特集が組まれることがあります。
中でも、教育システムが充実している企業は、従業員の定着率が高いことはもちろん、キャリアアップを意識しやすいことなどから、働きやすい環境が整っています。
新卒採用の人数や募集職種に関しては、各企業の事業計画や業界内でのニーズなどによりますが、優秀な人材を雇い入れるにあたり、様々な角度から選考を行おうとする企業が目立ちます。
また、ワークライフバランスの概念が社内に浸透している企業に関しては、子育てや介護などのライフイベントとの両立を図りやすいことから、新卒の学生の間で関心が高まっています。
もしも、新入社員の採用に力を入れている企業の実情を詳しく理解をしたい時には、インターンシップ制度や職場見学会などのチャンスを利用することが有効です。



景気の回復と増える新卒の採用に関して

最近の就職戦線を見渡すと、超売り手市場になっているようです。
リーマンショックのダメージからは完全に回復をして、大手企業は優秀な人材の確保に躍起になっています。
新卒の求人数も順調に伸びていて、中小企業も採用に意欲的なところが増えています。
しかし、懸念材料が全くない訳ではありません。
それは離職率の高さで、せっかく新卒で採用されても三割が三年以内に辞めてしまうようです。
もちろん前向きな転職は大いに結構ですが、石の上にも三年という言葉があるように、経験を積むことも社会人として重要な要素ではないでしょうか。
技術者や職人は経験が第一ですし、長期的な視野で仕事に取り組むことが必要不可欠ではないでしょうか。
アジア諸国に負けないためにも、若い人材が次々と出てくることがベストです。
企業も従業員も、意識改革が求められています。



新卒の採用のためにやれることとして

日本でもかなり緩和されてきてはいるのですが、やはり新卒のほうがよいと考える企業が多いです。
そこで行われているのが新卒一括採用であり、これをどうにか上手くやることが採用担当としては悩ましい部分になっています。
最近では新卒の多くがインターネットの求人サイトに登録をしています。
ですから、少しでも多くの人に応募してもらうためにはその手のサイトに求人を出すべきでしょう。
そしてどんな風に書くのか、ということが応募数に影響することになりますから、求人広告のデザインもかなり重要になります。
その為、採用担当は如何に自社を魅力的に見せることができるのかに苦心しているわけです。
上手くすれば大量の応募者を得ることができます。
少しでもよい人材を得たいのであればまず応募者の母数を増やすことにしたほうがよいでしょう。
それがよい人材を得るために求められます。

次の記事へ

カテゴリー